スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアンフォース アジアの力

・コンセプト
 ばからしさを極める。B級ハリウッド映画テイスト。ジャンルはB級エロティックアドベンチャー(?)。

・ストーリー
 政府すらも知らぬ謎の組織。アジアンフォース。しかしその実態はたったの四人の若者達(本来の名前はアジアン4sだった)で、普段は世界的に見ても政治的重要度の特に高い沖縄県を重点的に守っている。
 そのころ、日本を支配しようと目論む過激派多国籍集団【十二の月】(仮称)は、自衛隊やアメリカ軍の網をやっとの思いで突破しても、アジアンフォースに返り討ちにされ続ける現状にいらだちを感じていた。
 だがそこでリーダーのギリシア人エナスは思いつく。狙うべきは沖縄県ではなく千葉県。東京エターナルドレッドランド仮(いっそフィッツジェラルドランドにしてしまう?)であることに!
 最強のフォースも完全に意表を突かれ、対応できずにいるうちに、一般人の人質を奪い返そうとしていた紅一点のクレナイ(仮)が相手に捕らえられ、辱めを受けてしまう(へそくすぐりの刑)。だがそもそもアジアンフォースは正体不明という強みを活かし、かつ沖縄県の軍事力にある程度依存することで危機を鎮めてきた集団、クレナイ(仮)を助けるために動いたらこれまでのように日本を守ることは難しくなる。クレナイ(仮)もそれはわかっているから助けを求めることはなかった。
 だが、【十二の月】は気付いていなかった。今や世界的なブランドとなったエターナルドレッドを敵に回すということの意味を。そう、彼らはあまりにはやく、世界中を敵に回してしまったのだった。
 世界中から集まったファンタジックな仲間達が、ファンタジックな著作権パワーで【十二の月】をなぎ倒し、クレナイを解放。混戦になったことでフォースも動きだし、敵組織を壊滅させていく。
 そんな中、組織が壊滅しても命尽きるまで世界征服を諦めないエナス。最後の力を振り絞って、フォースに襲いかかる。フォースのリーダーは死闘の末にエナスを倒し、ギリシアに送り返した。
 これで、全て終わった。そんな空気が流れる中、【十二の月】の幹部、アハトが現れ、【十二の月】の制服をおもむろに脱ぎさる。
 胸元には、【Ⅳ】の刻印が。
「【十二の月】を倒したからっていい気にならないことね。彼らは私【EUジャッジメンツ四天王】のNo.4【彷徨えるメイジ】に仕える下部組織に過ぎない。アジアンフォース、まだ勝負は始まったばかりよ」
 そう言うと彼女は立ち去った。
 フォースは新たな脅威に立ち向かっていく覚悟を決め、拳を掲げて叫ぶ。
「「「「俺たちの戦いはこれからだ!!」」」」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:黒ザトー
小説『Dusk』ゆるりと更新中
並びにボイスドラマ企画『Dusk ep0 ゆめのせかい』
企画中


現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。